料理研究家・村上有子オフィシャルサイト Kithen Orange:ホーム

料理研究家・村上有子オフィシャルサイト

脳力レシピ レシピ紹介

鶏ささみと豆乳のエスニック風冷たいパスタ

[カテゴリー:レシピ 無国籍]
鶏ささみと豆乳のエスニック風冷たいパスタ

「大豆イソフラボンでニキビ緩和!」

ニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり、細胞が繁殖して炎症を起こすことにより生じるものです。症状を緩和するためには、脂質や糖質の摂取を控えて、睡眠不足やストレスを失くし、マメな洗顔で皮膚を清潔にすることが必要。同時に脂質の代謝を抑えるビタミンB2やその働きを助けるビタミンB6などをきちんと摂取するのが効果的です。また大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするもの。男性ホルモンを抑制し、皮膚の分泌を抑える効果を持っています。

今回はイソフラボン豊富な豆乳を使って、エスニック風の冷たいパスタを作ってみました。ビタミンB2の多い鶏肉を合わせているので、さらに効果アップ!気になる年頃のお子様をもつお母様、是非作ってみてください!

「鶏ささみと豆乳のエスニック風冷たいパスタ」
鶏ささみ(タンパク質・ビタミンB2)+豆乳(大豆イソフラボン)+パスタ(炭水化物)

鶏ささみ(タンパク質・ビタミンB2)
学習能力をあげるために必要な栄養素です。脂質の代謝を抑える効果があります。

豆乳(大豆イソフラボン)
皮脂の分泌を抑える効果があります。

パスタ(炭水化物)
脳のエネルギー源、ブドウ糖を生成します。

作り方

トマトは湯むきして皮をむき、1cm角に切っておく。万能ねぎは小口切りにする。鶏ささみは筋を取り、塩を全体にしたらネギの青い部分、生姜スライスと一緒に耐熱皿にのせ、お酒を振ったらラップをして600wのレンジでおよそ3分火を入れて冷ましておく。
(1)の鶏肉が冷めたら粗めにほぐし、ネギ、生姜を取り除いて汁ごとボールにいれておく。そこに豆乳、にんにくすりおろし、トマト、ナンプラー、ゴマ油を入れてパスタのソースを作っておく。
たっぷりの湯に塩をし(3Lに対して大盛り大さじ2ほど)、沸騰したらスパゲッティを入れて茹でる。標準茹で時間より1分長めに茹でたらザルにあけ、冷水で良く冷やして水気を切る。
スパゲッティを(3)のパスタソースに加えて良く混ぜたら出来上がり!お皿に盛り万能ねぎを散らして召し上がれ。
2人分
鶏ささみ      2本(100g)
 酒        50㏄
 塩        適量
 ネギの青い部分  適量
 生姜スライス   2枚

豆乳        100㏄
にんにくすりおろし 少々
トマト       1/2個
ナンプラー     大さじ1
ごま油       大さじ1

万能ねぎ      適量

スパゲッティ    120g
塩         適量
冷たいパスタの場合は、標準ゆで時間より1分長く茹でて、冷水でよく冷やします。水気をよく切ってから和えましょう!
[公開日:2015/7/7]

他のレシピを見る

レシピ紹介
料理紹介

PAGE BACK

PAGE TOP

畑から

お知らせ

メディア出演情報

村上有子のblog